ネイルスクールを調べると、少人数制やクラス制など、さまざまな形態のスクールがあります。
多くのネイルスクールは少人数制制を採用していますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
少人数の授業のメリットとデメリットについてまとめました。

ネイルスクールの主流は少人数制

少人数制とは、生徒の数が10名以下のグループに対して講師が1人つくという授業の方式です。
同じ少人数制でも、全員が同じ内容の授業を受けて進行するタイプと、一人一人の授業内容が違っていて、講師が順番に回って指導するというタイプがあります。

少人数での授業のメリットは、講師によるきめ細かい指導が受けられることです。
大人数での授業だとどうしても講師の目が生徒一人一人に行き届かなかったり、生徒も質問しづらいということがありますが、少人数の授業なら、そういった心配はありません。
講師と生徒の距離が近いため、気軽に質問したり、細かい指導を受けられる環境になります。

少人数だからスケジュールの予定が立てやすい

基本的に、少人数での授業を導入しているスクールは、クラス制よりも授業のスケジュールが自由なところが多いです。
中には、開講時間の間ならいつでも受講できるというフリークラス制を導入しているところもあり、忙しい方でも自分のペースでスクールに通うことができます。

クラス制の場合は、時間割がしっかり決められてしまっているため、スケジュールの自由度はどうしても低くなってしまいます。

また、マンツーマンの場合は、予約したらキャンセルが難しいというデメリットがあります。
自分の予定に合わせて柔軟にカリキュラムを組みたいなら、少人数で時間の融通が利きやすいスクールを選ぶのがおすすめです。

  複数のネイルスクールの資料請求をして比較検討すること

講師の数によってはバラエティ豊かな授業が可能

マンツーマンや少人数の授業のデメリットでよく聞くのが、同じ講師に習う事で授業がマンネリ化してしまうというケースです。

また、講師の数が少ないと、どうしても自分に合わない講師に当たってしまうという心配もあります。
そうしたデメリットを避けるためには、講師の数が多いスクールを選ぶのがポイントです。

  ネイルスクールを選ぶ時のポイント

講師の数が多い大規模校なら、曜日によって講師も変わるので、バラエティ豊かな授業が受けられます。

少人数の授業はデメリットが少ない!

少人数の授業のデメリットは実はそれほどありません。
敢えて言うなら、スクールの講師の数によっては、人気の高い講師の講座や、土日などは予約が取りにくいという点があるかもしれません。

また、スケジュールが自由に組めるため、自分を甘やかしてしまっていつの間にか通わなくなってしまったというケースもありますが、スクールに通わなくなってしまう人は、クラス制でもマンツーマン制でも、結局通わなくなってしまうのは同じです。
少人数の授業はメリットが多く、デメリットが少ない、ベストな授業形態といえるでしょう。