将来ネイリストになりたいという目標があるなら、ネイルスクールに通うのが近道ですが、数多くのネイルスクールの中からどこを選べばいいのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

就職のためにネイルスクールを選ぶ際は、就職に強いスクール選びをするのが第一です。
今回は、就職しやすいネイルスクールの選び方について解説します。

ネイリストになるなら資格取得は必須

最近では、ネイルを一般的にやる女性が増えただけでなく、男性でもネイルサロンで爪を整えるケアをする人も増えてきました。
そのため、ネイル業界の求人も年々増え続けています。

ネイリストの需要は高く、就職先も幅広いため、狙い目の職業でもあります。
ただ、需要が多いとはいえ、収入の高さは比例していないのが実情です。
今ではネイリストになりたいという方も多いため、資格や技術を持った実力がないと、稼げるようになるのは難しいでしょう。

あまり知られていませんが、実は資格を持っていなくてもネイリストになることができます。
しかし、最近では資格取得を支援してくれるスクールが増えたため、資格を持っていないネイリストの方が少ないのです。

資格を持っていない場合、就職できても、資格を持っているネイリストと比べて給料は下がる傾向にあります。

そのため、ネイリストを目指すなら資格取得を支援してくれる検定対策コースのある、就職しやすいスクールを選びましょう。

  直接指導で正しい技術を学ぶなら通学制のスクールを選ぼう

就職支援のあるスクールを選ぼう

ネイルスクールを選ぶ基準は人それぞれですが、ネイリストとしての就職を考えているなら、スクールの就職率や卒業後の進路についてしっかり調べておきましょう。

就職率が高いところは就職支援サポートも充実していることがほとんどです。
生徒それぞれに就職支援のサポートが付き、面接対策などを行っているスクールは就職しやすい傾向にあります。

また、就職率の高いスクールは、ネイルサロンが母体となっているところが多いです。
ネイルサロンが母体となっているスクールは、卒業後に直営のネイルサロンで働くという道があるため、就職しやすいというメリットがあります。

その他にも、ネイリストとの派遣会社と提携しているスクールなどもあり、就職率が高いのにはそれなりの理由がきちんとあります。

自分の通いたいスクールはどのような就職支援を行っているか、どのような就職先に就いているかを事前に調べて、就職しやすいところを選ぶようにしましょう。

  少人数制のスクールはメリットが多い!